十二期生 / 十期生 / 受賞 / 研究活動

Posted on 2021-12-21
HCGシンポジウム2021で発表しました&受賞しました


こんにちは.B4の高橋です.  2021年12月15日(水)〜17日(金)にオンラインで開催された「HCGシンポジウム2021」で発表致しました.

発表内容

タイトル:料理を引き立たせる器の選択を目的とした器と料理の相性の定量化〜形体的観点から〜 著者:高橋知奈,福元颯,松下光範 概要:本研究の目的は,料理をひき立たせる器の組み合わせを提案するシステムの実現である.器は食事全体の印象に変化を与える重要な要素の一つである.食事の際には複数の器が使われることが多いが,料理をひき立たせる器を選択するには,器同士の相性だけでなく器とそれに盛り付けられている料理との相性も考慮する必要があり,適切な選択が難しい.この課題の解決の端緒として,本稿では器と料理の関係性に着目し,それらの相性の定量化を試みる.提案手法では,ECサイトに記述された器の商品情報のうち,サイズ,形状,材質などの形体情報を用いて,個々の料理に対する典型的な器の特徴を抽出し,それを器と料理の相性として扱う.

感想

今回は私にとって二度目の学会発表でした.一度経験しているということもあり,前回よりは戸惑うこともなく比較的落ち着いて発表できたのではないかと思います.質疑では,器研究の未来の話が多く出ていたので,現状で伝えたかったことはうまく伝わっていたのかなと思いました.そのおかげか,最優秀インタラクティブ発表賞という形で我々の研究を評価していただきました.まさか最優秀賞をいただけると思っていなかったので本当に驚きました.まだオフラインでの発表を経験したことがないので,次の発表では直接顔を合わせて議論ができたら良いなと思います.今後も器の研究の領域をより広げられるように研究に精進いたします. (文責:12期 高橋 知奈)
Posted in 十二期生, 十期生, 受賞, 研究活動 | Comments Closed

Related Posts